他の人とは違う自分だけのオリジナルパーカーを作る

ファッション

色やデザイン

フットサル

ユニフォームカラーの重要性

ユニフォームにもたくさん種類があります。企業などで着るものや、スポーツで着るものがあります。その中で、ユニフォームと聞くとサッカーユニフォームを思い浮かべる人は多いです。サッカーユニフォームは、シャツ、ハーフパンツ、ソックスの組み合わせが基本になってきます。また、たくさん汗をかくサッカーユニフォームには、通気性、吸汗性、速乾性に優れている化学繊維のポリエステル100%の生地を使用しているものが多いのです。最近のサッカーユニフォームには、新しい素材を使った商品も出てきていて、アクアドライやハニカム素材といったものがあるようです。ワールドカップやオリンピックといった世界大会で活躍する選手たちが着ているものは、最新で高級な素材が使われているものが多いようです。汗をたくさんかいたり、走り回るスポーツなのでサッカーユニフォームの性能はとても重要なものとなってきます。

試合をする上で、このユニフォームの違いで審判は見分けをしていきます。そして、ユニフォームにもホーム用と、アウェー用と、1つのチームは2つのユニフォームを使い分けます。日本代表のサッカーユニフォームには、ホームではメインに青色が使われていて、アウェーでは白色がめいんに使われています。ちなみに青色のユニフォームを起用することによって試合に勝ち続けていたということがあったために、サムライブルーという愛称がつけられています。ユニフォームには、チーム柄や国柄によって色やデザインの種類がたくさんあります。